安心・安全への取り組みが認められ、鹿児島県よりK-GAPの認証を受けました。養殖車海老として全国で初めてGAPの認証を受けました!

会員様ログイン

パスワード

■ パスワードを忘れた方はこちら

■ 新規会員登録はこちら

かごの中を見る

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

お召し上がり方

調理方法

車海老調理方法01

写真のようにオガクズの中に冬眠状態にした車海老を一匹ずつ手作業で詰めて、お客様の元に届けられます。

車海老調理方法02

箱から車海老を取り出す際、活きがいいので暴れだしケガをする可能性があります。ゴム手袋等を着用されると安心です。ボールに水と氷を入れ、その中に車海老を入れると動きが鈍くなり調理しやすくなります。

車海老調理方法03

赤丸で囲っている部分は先が尖っていて危険です。手に刺さらないよう注意が必要です。

車海老調理方法04

頭の部分、胴の部分を左図のように持ち左右に力を入れながらゆっくりと引っ張ります。

車海老調理方法05

こうすることによって、体内の腸をキレイにとる事ができます。

車海老調理方法06

次に足の部分の処理です。
左図のように親指の爪を立てて尻尾に向かって削ぐように取り除きます。

車海老調理方法07

足の部分を先に取ると胴の部分の殻がむきやすくなります。

保管方法

車海老保管方法

車海老は活きた状態で届きますので、届きましたら当日中に開封し出来るだけ早くご賞味ください。 開封したら、オガクズをきれいに水で流して(箱詰めのままだとオガクズの匂いが車海老に移ることがあります)、 保管する場合はタッパー等に移し替えてください。
車海老は10℃以下で死んでしまいますので、到着より1日程度の保管は10~15℃に調節した野菜室等にお入れください。 それ以上の保管は、数尾ずつビニール袋等に入れて冷凍庫で保管ください。
また、タッパーに水を張ってその中に入れて冷凍し、氷のブロックに閉じ込めるようにすれば、冷凍焼けや乾燥から守って保管することができます。 解凍の際には流水で解凍してください。尚、解凍後は必ず加熱してお召し上がりください。

このページの先頭へ